わぎょうの日記

アニメ・映画・雑記ブログです。

わぎょう的に「竜とそばかすの姫」

公式サイトより引用

もうひとつの現実。もうひとりの自分。
もう、ひとりじゃない。

 

 

酷評されている方が結構いらっしゃるようだが

わぎょう的には見方楽しみ方変えればそうではないかも

 

しれない。

 

と思う

 

 

ryu-to-sobakasu-no-hime.jp

50億人がすれ違う

美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える――

 

あらすじ

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探しアンベイル

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

「竜とそばかすの姫」公式サイト (ryu-to-sobakasu-no-hime.jp)引用

サマーウォーズ

Uに入るシーンでサマーウォーズとも時をかける少女のシーンに似た感もありましたね。

確かに似てた、もしかしたらサマーウォーズのキャラいるかもと

目を凝らしましたが見えませんでした。

居そうな感じがするのだけれどね。

探すと言う楽しみ方はいかがかな。

美女と野獣

ダンスシーン確かに意識しているよね。

わぎょうもそう見えた。

映像と音楽

確かに良かったと思う。

背景も美術も良かったと思う。

中村佳穂さんの歌唱力も悪くもなく

ストーリー

よくよく考えれば突っ込みどころ満載だったね。

まとまってないよって言う人がいるのも分かる。

でも、何かを作っている時って

あれも入れたい。

こうしたい。

ここにあれを入れてとか考えるでしょ

でっ

結局やりたい事満載になって

トータル的にあれ?

ってなったんじゃないかなと思う。

ブログ書いてても同じことが起きていると感じるのは

わぎょうだけだろうか?

声優

本職さん使わないから、演技が酷い。

棒読みって言うけど、

昭和からアニメ見て来てるわぎょうからすると

声優さん使ってないアニメ

ヒロインが声優さんじゃない。

のは結構ある事なのよね。

結局監督がOKすれば何でもいいのよ。

マクロスのミンメイ、メガゾーンのイブだって本職さんじゃないし

無理やりまとめ

この映画は賛否両論だね。

海外は好評価らしいけど日本は酷評

良いか悪いかは、もう自分で見て判断するのが正しいと思う。

先ずは観てくれとしか言いようがない。

判断がムズイ

わぎょう的には最後涙ぐんでましたけどね。

涙腺弱くなったのでね・・・