わぎょうの日記

アニメ・映画・雑記ブログです。

何もかも皆懐かしい・・・『宇宙戦艦ヤマト』

f:id:wwagyou:20221013163512p:image

地球かぁ・・皆何もかも懐かしい・・・

そして一枚の写真が床にはらりと舞い落ちる。

その後に続いて沖田の腕が力なく落ちていく

f:id:wwagyou:20221013163608p:image

画像はYouTubeから引用

宇宙戦艦ヤマト

何度見た事か

この両の眼に焼き付いている

名シーンである。

新作もいいけど

旧作だって良いものですよ。

宇宙戦艦ヤマトあらすじ

西暦2199年、謎の敵ガミラスから遊星爆弾で

無差別の攻撃を受けていた。

海は蒸発し赤茶けた地球となってしまった。

放射能汚染で地上の生物が死滅している中

わずかに残った人類は地下に都市を建設し

生き延びていた。

ガミラスは生存か絶滅かを問てくるが、地球

地球防衛軍を組織して反抗していたのだが

科学力が違い過ぎて、反抗する宇宙船も無く

なっていく、そんな時、火星に1隻の宇宙船

が不時着する。搭乗者は死亡してしまうが、

通信カプセルを古代進と島大介が回収する。

その通信カプセルの中には、大マゼラン星雲

イスカンダル星から地球に宛てた、メッセ

ージと外宇宙航行用の波動エンジンの設計図

だった。そのメッセージには放射能除去装置

「コスモクリーナD」を受け取りに来いと言

うものだった。

九州の沖の海底に眠る日本海軍の戦艦大和

の地下にて波動エンジン搭載の宇宙船を建造

していたのだった。

かっての鉄屑大和は、宇宙戦艦ヤマトとして

蘇った。

ヤマトはイスカンダルから放射能除去装置を

受取るために片道14万8000光年の旅へと発進

するのだ、だが人類滅亡までの猶予は1年しか

ないのだった。

沖田を艦長として、宇宙戦艦ヤマトは若い宇

宙戦士たちと共に大マゼランにあるイスカン

ダルへと抜錨するのだった。

 

ヤマトとの出会い

1974年に放送されたそうだが、筆者は1978年

小5の頃であったのだ。つまり1977年に劇場

公開された後に北海道では放送されたのであ

ろう。ハードカバーの小説買って貰った。

何故か最終巻だったと思う。最初見た時の印

象は「カッコいい」だった。何話目か忘れた

が、太平洋戦争当時の戦艦大和を見た親子の

会話?

”あれが戦艦大和 男の船だ”のセリフに筆者

の心が動きましたね。

戦争の本を特に日本に関係する本を読み漁り

ました。

大和ではないけど『戦艦武蔵の最後』とゆう

本に出会えて同系艦・兄弟艦がある事を知る

キッカケになった。作品の中でも触れている

が、九州坊ノ岬沖で沈没していることも本当

の事なのだと認識した。

f:id:wwagyou:20221013163640p:image

画像はYouTubeから引用

 

カッコいい反面悲しい現実もあるのだと、

その当時は知る由もなかった。

 


www.youtube.com

良作は再放送でブレイク?

ヤマトは再放送でブレイクした。

人気爆発は再放送が切っ掛けになったのは、

ヤマトだけではない。ガンダムエヴァ

そうなのだ、やはり良作はゆっくりとファ

ンが出来ていくのではないだろうか。

”観直してみたら面白かった”や人間ドラマ

を観て深く感動したとかで、最初は取っつ

き難いのだが、観ていくうちに少しづつ作

品の良さに気付いていくのかもしれない。

だから、ブレイクが遅かったのではないだ

ろうか。

筆者は初回でファンになったけどね。

 

幼い頃には、解りづらかった

 小学5年生には意味が解らなかったが、

カッコ良いと言うのは理解できたし、必ず

しも平和前提では解決しないと感じた。

歳を重ねることで、世界に起きた戦争の事

や、それに使用される船舶、武器等の理解

することで、戦争とは文明の機器などの進

化も促進するが、精神的には退化する行為

ではないだろうか。

 

名シーンの数々

  • 初の宇宙での艦隊戦

ガミラスと地球艦隊の戦いのシーンで

沖田の「馬鹿めだ!」

カッコ良いよね。

f:id:wwagyou:20221013163720p:image

画像はYouTubeから引用

 

古代守に「死ぬな古代」

渋さがあふれるし、これ以上の戦死者

を出したくなかったのではと感ずる。

  • 初主砲発射

遊星爆弾への初の砲撃(46センチ砲の炸裂)

f:id:wwagyou:20221013163750p:image

画像はYouTubeから引用

 

  • 初ワープ

何かエロさと過去から未来への描写

が見えたようなきがする。

なんか途轍もない大砲、浮遊大陸

消滅のインパクトは凄かった。

f:id:wwagyou:20221013163813p:image

画像はYouTubeから引用

 

ヤマトの船体修理の為に、アステロイドベル

トで行った作戦

磁力線で小惑星を船体に覆い敵からのカモフ

ラージュになる。そして、展開時には防御リ

ングにもなる。

f:id:wwagyou:20231119071713j:image

f:id:wwagyou:20231119071738j:image

 

 

 

  • 沖田艦長の人間味

優しさ、厳しさ、時折寂しさが随所に

散りばめられている。特に地球への最

後の交信の所での沖田のシーンには

何気に寂しさを感じた。

記念写真を撮るシーンとラストの

シーンは”くぅ~熱いぜ”

  • ドメルとの戦い

七色星団での決戦は、ガミラス

新兵器「瞬間物質転送器」の登場

でハラハラしましたね。

最後のドメルのシーンは男らしさ

を感じた。

f:id:wwagyou:20221013163848p:image

画像はYouTubeから引用

 

  • ガミラスでの硫酸の海での火山脈を探すシーン

潜るんだよ!のセリフから火山脈を探す

シーンに”早くしないと溶ける。”

早く早く!と当時小5の筆者は興奮してました。

 


www.youtube.com

キャスト

古代進・・富山敬

      (タイガーマスクでは伊達直人)

森雪・・麻上洋子

       (シティハンターで野上冴子)

沖田十三・・納谷悟朗

        (ルパン三世では銭形警部)

古代守・・広川太一郎

(MrBooではブー、浅田飴CMで黒柳徹子と共演)

島大介・・仲村秀生

        (ド根性ガエルでは南先生)

佐渡酒造、徳川彦左衛門・・永井一郎

        (サザエさんでは磯野波平)

アナライザー・・緒方賢一

      (名探偵コナンではアガサ博士)

デスラー総統・・伊武雅刀

(最近は俳優としてドラマ、映画にと出演してます。)

ドメル・・小林修(黄金バットで主人公)

 

宇宙戦艦ヤマト艦艇・兵器

地球側

沖田艦・・2199ではキリシマとなっている。

f:id:wwagyou:20231231234340j:image

ゆきかぜ・・古代守が艦長を務める。

 

艦載機

コスモゼロ

主に古代進が搭乗している機体。

f:id:wwagyou:20231126211102j:image

ブラックタイガー

加藤三郎や山本達ブラックタイガー隊の

搭乗機

f:id:wwagyou:20231126211112j:image

ガミラス軍兵器

デストロイヤー艦

f:id:wwagyou:20231126211128j:image

シュルツ艦

冥王星司令シュルツが乗艦する戦艦

f:id:wwagyou:20231126211140j:image

反射衛星と反射衛星砲

ヤマトを死んだふり作戦をさせるほど苦しめた兵器

f:id:wwagyou:20231126211156j:imagef:id:wwagyou:20231126211203j:image

ドメラーズⅡ

 

ドメラーズⅢ・・七色星団戦での旗艦

円盤形で物質転送器を搭載している。

 

戦闘空母

 

三段空母

 

デスラー

 

 

戦艦大和とは

戦艦大和は、第二次世界大戦中に日本海軍が

建造した超弩級戦艦である。

全長・・263メートル

排水量・・約76000トン

当時の最大級の戦艦であり、その巨大さと

戦闘力から「無敵艦」とも言わしめた。

又、厚い装甲と優れた防御力から「不沈艦」

と呼ばれることもある。

史上最大の46cm主砲3基9門搭載

最大射程・・約42km

装甲の厚さは最大で410mm

弾片や爆風を防ぐ為の格子状の防盾や、損傷

した場合でも水密区画に分けた構造など

多くの防御策が施されてた。

だが、大和は1945年の沖縄海戦でアメリカ軍

の猛攻により大破撃沈されたのです。

乗組員3000人中、数百人しか生存できません

でした。今、大和は沖縄本島の南西沖、鹿児

島沖南東約290kmの海底約3400mから4400m

にて眠りについている。

まとめ

ヤマトは・・・筆者にとって友情、いろいろ

な愛を教わったと思っている。

そして男の優しさ、厳しさとかも

ただただカッコ良さだけではない何かを表現

されている。人は絶望に瀕していても、努力

しなくてはならないことを見せて貰った。

「生きるの諦めないで」(シンフォギアから)

「生きるのも戦いだ」(ガンダムSEEDから)

これらの言葉も、もしかしたらヤマトの物語

から導かれたのかもしれない。