わぎょうの日記

アニメ・映画・雑記ブログです。

『ノストラダムスの予言』1980年代に有名になった予言者

f:id:wwagyou:20230117200211j:image

2023年 1の月

なんて書き出しで始まる4行詩

人々の心に刺さる(残る)

ものを書けたら

どんなに良いだろうか

それが例え予言詩と

言われるものだとしても

 

ノストラダムスの予言』

※実際2023年の件はありませんよ。

果たして、ノストラダムスはいたのでしょうか?

 

最初に

ノストラダムスは、いたであろう人物

ただ、予言詩と言われたものが

ノストラダムス本人が生存中に執筆し

起きた出来事が的中させた事により有名になり

彼が亡くなった後も、起きた出来事は

この予言詩に書かれていたかも。

彼が書いた予言詩は難解すぎて

本人しか解釈出来ないものだ。

それとも別な解釈があるのだろうか

読んで字の如くなら良いが

結局のところ誰も解らないのが事実だろう

それでも、予言詩と呼ばれてるので興味深いし

面白いと思う。

 

持っている書籍

ミシェル・ド・ノストラダムス

後藤勉氏の著書、『ノストラダムスの大予言』でブームとなった。

1973年(昭和48年)に執筆されて一大オカルトブームが

巻き起こったのだ。

残念なことにノストラダムスの大予言ⅠとⅣ紛失してしまった。

ノストラダムス関連著書と著者

ヴライク・イオネスク・・・ノストラダムス・メッセージ

ダニエル・ルソー・・天から恐怖の大王が降りてくる

五島勉・・大予言シリーズ、1999年以後

ヘンリー・C・ロバーツ・・ノストラダムス大予言原点 諸世紀

川尻徹・・ノストラダムス最後の天啓、メシアの法、

     暗号書の謎、滅亡のシナリオ、戦争黙示

クルト・アルガイヤー・・悪魔のシナリオ

加治木義博・・真説ノストラダムスの大予言

ジョン・ホーグ・・ノストラダムスの千年紀

本屋さんに行くとノストラダムスのコーナーあったほど

取り扱われていたのであるが、現在はこうゆう系の本は

見なくなりましたね。

一時期は終末論を唱える宗教に利用される事もありました。

 

ノストラダムス

1503年12月14日~1566年7月2日

医師、占星術師、料理研究家

サン=レミで生まれた。

彼はユダヤ民族に生まれ、ユダヤ教徒だったのだが

後にキリスト教徒に改宗された。

彼は結婚していたが、ペストの妻と子を失った。

ペストの鎮静化にも助力したと文献にも著されている。

また、ある書籍にはヴァロア朝の宮廷占い師だとか、

カトリーヌ・ド・メディシスとも親交があったとも言われる。

さらに、彼の書かれた四行詩の詩集はバチカンに禁書と

された事もあるらしい。

逸話として紹介された事柄として

道を歩いていた修道僧をみて、彼の前に膝まづき

後の法王を予言したとか、色々あるようです。

ウィキペディアにも詳しく掲載されているので興味のある方は

覗いてみて欲しい。

第一章~第十二章までの各章、各々100まであったと思われ

第八章のあとに付記された六つの詩の1206の詩のうち

現存しているのは967の詩で、第六章最後のの番外詩を

加えて968の詩がある。

たま出版の諸世紀の目次によると

第一章  100詩

第二章  100詩

第三章  100詩

第四章  100詩

第五章  100詩

第六章  100詩

番外  愚かな批判家に捧げる詩

第七章   48詩

第八章  100詩

番外    6詩

第九章  100詩

第十章  100詩

第十一章    2詩

第十二章  11詩

ja.wikipedia.org

有名な詩

予言者と言わしめた四行詩はこれである。

f:id:wwagyou:20230118181943j:image

若いライオンが老いたライオンを負かすだろう

野戦場で一騎打ちして、

金のかごの中の目をつぶすだろう

二つの傷は一つになり、無残な死がくるだろう

諸世紀 第1章35

f:id:wwagyou:20230121142727j:image

IPHONE翻訳アプリでも

当然の如く同じような内容になる。

 

この詩は予言詩として成就した詩である。

アンリ2世が槍の馬上試合で相手の騎士に

金の兜を突かれ、目から脳へと傷つき

悲惨な死を迎えた有名な話である。

※アンリ2世・・ヴァロア朝第十代フランス王(在位1547~1559)

        王妃にメディチ家カトリーヌ・ド・メディシス

メディチ家・・フィレンツェの実質的な支配者

        後にトスカーナ大公国の君主の一族

 

数々の予言を残しているが

さらに有名な詩は、1980年代に恐れられた詩

”1999年7の月~”

小学生時代には怖くて夜に眠れないことも

あるほどだった。

f:id:wwagyou:20230117193715j:image

下はIPHONE翻訳アプリによる

f:id:wwagyou:20230117193727j:image

 

1999年7の月

天から驚くほど強い恐ろしい王がやってきて

アンゴルモアの大王を蘇らせ

その前後火星はほど良く統治するだろう

 

たま出版 諸世紀 ヘンリー・C・ロバーツ編纂

 

1999年7の月

天から恐怖の大王が降りてくる。

アンゴルモアの大王を生き返らせ

その前後に、火星は幸福の名のもとに支配するだろう

 

天から恐怖の大王が降りてくる。ノストラダムス遺言書

ダニエル・ルソー著

 

なかには、重要なとこはアナグラムになっている。

という見解もあるほどだ。

アナグラム・・言葉遊びの一つで単語や文の中の文字を

        入れ替えることで全く別の意味する遊び

最後に

ウィキには彼の家族、親戚等の記述があるのだから

存在したの事実だろう

ただ、あの詩の全てが予言詩というのは

どうだろうか?

IPHONE翻訳アプリでも2冊の書籍でも

扱われる言葉が違ってもほぼ同じである。

とは言っても本当の意味が何なのかは

ご本人のノストラダムスに降臨して頂いて

説明されないと解らないのではないか?

解釈なんかどうとでも出来るものなのだから・・・