わぎょうの日記

アニメ・映画・雑記ブログです。

スティーブンキング『グリーンマイル』主演トムハンクス

この背景にある時代では

現状が全てなんだぁ

と思ってしまう

それとは別にこんな力があったら

大切な人や近しい人を助ける事が出来るのに

と思わせてくれる

トム・ハンクス主演

グリーンマイル

 

わぎょう的に

良い映画です

泣けるんです

悲しいんです

もう一人の主人公コーフィが見た目はぎょっとするほど

恐そうに見えるんだけど、本当はとてもやさしく素直な人なのよね

トムが演じるポールも良い人

スピリチュアルなシーンが少しあるけど

全然気にせず見れます

冒頭のトムのトイレでの演技もなんか凄かった


www.youtube.com

冒頭のあらすじ

アメリカの刑務所コールド・マウンテンの死刑囚監房で看守しているポール・エッジコム(トム・ハンクス)は、一人の大男死刑囚のジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)と出会う

コーフィは双子の少女を殺人の罪で投獄された

ある日ポールはコーフィに呼ばれ牢の前に立った

コーフィはポールを牢越しに抑え込み局部を触れただけで

ポールの酷かった尿路感染症治してしまう

これを切っ掛けにしてポールはコーフィに対して接し方が変わっていくのである

それと同時に彼の罪に違和感を感じ始めるのである

冒頭のあらすじはこんな感じなのです

下記のように話が進みます

  • 尿路感染症
  • 瀕死のネズミ
  • デルの処刑執行
  • 刑務所所長の妻の病気
  • 嫌味な看守パーシー
  • 死刑囚ウォートン
  • ジョン・コーフィと映画
  • ネズミとポール

グリーンマイル

原作はスティーブン・キング

ネタバレ防止の為に6冊が毎月1冊で連続刊行した

原作者と言えば『IT』『スタンド・バイ・ミー』『シャイニング』などが有名ですね

牢から電気椅子までの緑色の通路をグリーンマイルと呼んでいた

でも、1マイルもなかった

不思議な力を持っている死刑囚コーフィ

遠隔透視、ヒーリングとかだろう

相手の口から病を一度瘴気にして吸い出すんだろうね 

尿路感染症が治ったお礼に奥さんがコーンブレッドを焼いて

コーフィへポールが持っていくんだけど

旨そうにみえたんだよね

スピルバーグは「途中で耐えきれずに、4回号泣してしまった」とコメントしていた

 

まとめ

いつの世にもパワハラはあるのですね

昔はパワハラなんて言葉はなかったけど

”今だったら絶対パワハラだよな”

なんてちょっと思ってしまった。

観ていくうちにコーフィの優しさに心が掴まれていく

恐そうな顔もどんどん優しく見えてくる

そんな映画です。